水性埋めまるくん

水性埋めまるくんエコ画像

「水性埋めまるくん エコ」は床の凸凹の穴埋めや、床面の段差を修正する等、床の補修材としてだれにもでも簡単に作業できます。

屋外コンクリート向け

  • 基材を骨材の袋に入れ、揉んで混ぜて準備完了。後はコテでならすだけの簡単施工
  • 基材が水の超低臭タイプ食品工場など臭いが気になる現場でも使用可能
  • 超速乾タイプで気温20°Cで1時間後に開放可能

※超速乾タイプ・・・可使用時間5分程度のため施工時はご注意下さい

材料画像 容量画像
  • ①水を骨材の袋に入れ、その中で揉んで混ぜるだけ。(攪拌機等は一切必要としません)
  • ②混ぜやすくコテの作業性は良好です。
  • ③コンパクトで取り扱いやすい容量です。
穴埋め画像 施工例画像

使用方法

①事前準備

1.施行面の積もった泥やホコリ油分を除去。
※作業後、道具洗浄のためバケツ等があると便利です。

②液の混入

1.骨材の袋上部をカットして端をつかみ、計量カップで500ccの水を骨材の上に流し入れる。
(使いきりタイプですので、小分けして使用しないで下さい。)
※水は水道水をご使用下さい。

③混合

1.基材が流れないように袋の入り口をよく絞って握る。

2.床に置いて、または平らな場所で袋をよくもむ。(約1分)

④仕上げ

1.金ゴテ(出来れば角ゴテ)を準備。

2.目的の箇所に中身を流し金ゴテでならし押さえる。(硬くしめる為にコテでたたくのも効果的)

3.10分〜15分(夏場は5分程) で使い切る様にして下さい。(時間が経過すると施行できません)

4.施行終了後、金ゴテは水で洗浄して下さい。(時間が経過すると「水性埋めまるくんエコ」は落ちません)

注意事項

  • 施行箇所が汚れたままの施行ははがれの原因になります。
  • アスファルトへの施工についてはテスト後に行って下さい。
  • 硬化する時間が早いので、コテ等の道具類はすぐに水で洗いながして下さい。
  • 本製品は、水を加えてミックスすると一時的に熱を発して硬化が始まります。火傷の原因となりますので、素手等で直接ふれることは絶対におやめ下さい。
  • 誤って飲み込んだ場合は、速やかに医師の診断を受けて下さい。
  • 保管方法:乾燥した所に保管して下さい。

詳細な内容については、技術資料、製品安全データシート(MSDS)を参照して下さい。

6.物性及び性能

項目 標準性能 試験方法又は、規格値(社内)
圧縮強度
(2時間)
(20°C) N/m㎡
24.7 JIS A 1108
10.0[N/m㎡]以上
圧縮強度
(4時間)
(20°C) N/m㎡
28.2 JIS A 1108
24.0[N/m㎡]以上
圧縮強度
(1日)
(20°C) N/m㎡
30.0 JIS A 1108
24.0[N/m㎡]以上
付着強度
(1日)
(20°C) N/m㎡
1.6 試験体寸法40×40×10mm
1.5[N/m㎡]以上
可使用時間(20°C) 合格 15′00”以下

〒342-0042 埼玉県吉川市中野338
【営業】 TEL 048-983-3883 FAX 048-983-3884
【業務】 TEL 048-983-3881 FAX 048-983-1675