会社紹介

経営理念

創造・感動・感謝

  1. 常に考え、向上心を持ち、成長する。
  2. 仕事を通して感動し、私たちの生きる価値を高める。
  3. 常に、「ありがとう」という感謝の心を持つ。
   

品質方針

  1. お客様の期待とニーズの把握に努め,お客様に満足頂ける品質の製品とサービスを迅速に提案・提供し続けます。
  2. お客様の苦情は迅速に解決し,問題の再発・未然防止を徹底し、お客様の信頼を獲得します。
  3. 品質要求を達成する為に、品質マネジメントシステムを構築し、そのシステムの有効性の継続的改善を図ります。
  4. お客様の視点で活動目標となる品質目標を設定します。また、その達成状況を把握し、適切性・妥当性について適宜見直しをします。
  5. 関連する法令・法規を遵守します。

アイレジン株式会社
代表取締役社長
吉川 浩一郎

アイレジンのあゆみ

沿革

大正7年3月 東京市浅草区左衛門町1番地において、吉川吉太郎「吉川漆店」を創業。
昭和14年 吉川芳夫、「吉川漆店」を引き継ぐ。
昭和21年11月 東京都台東区浅草橋3丁目8番地において、業務を再開。 「有限会社吉川芳夫商店」と改称し、吉川芳夫、代表取締役に就任。 取扱商品を一般塗料、その他関係材料まで拡張する。
昭和26年4月 塗箸用塗料の製造部門を開設し、関連会社「小松合成樹脂株式会社」を東京都江戸川区西小松川1134番地に資本金200万円にて設立、生産能力30t/月。
昭和36年7月 「小松合成樹脂(株)」、東京都葛飾区白鳥1丁目20番9号に移転、資本金を400万円に増資、生産能力60t/月。
昭和41年9月 「(有)吉川芳夫商店」、資本金を2000万円に増資する。 株式会社に組織変更し、「吉川塗料株式会社」と改称する。
昭和46年12月 「小松合成樹脂(株)」、千葉県野田市中里222番地に移転、生産能力180t/月。
昭和54年1月 「小松合成樹脂(株)」、JISA6021屋根用塗膜防水材(ウレタンゴム系1類)JIS表示許可工場に認定される。(許可番号378193号
昭和54年5月 「吉川塗料(株)」、吉川喜章、代表取締役社長に就任。
昭和62年4月 「吉川塗料(株)」、東京都知事より、一般建築業(塗装工事業、防水工事業)の許可を受ける。
昭和62年12月 「小松合成樹脂(株)」、工場増設、生産能力350t/月。
平成9年11月 「吉川塗料(株)」吉川幸太郎、代表取締役社長に就任。
平成16年10月 「吉川塗料(株)」は関連会社「小松川合成樹脂(株)」と会社を結合し、 社名を「アイレジン株式会社」とする。吉川栄治、代表取締役会長に就任。 吉川幸太郎、代表取締役社長に就任。
平成24年10月 吉川浩一郎、代表取締役社長に就任。
平成30年3月 平成30年 創業100周年を迎える。

会社概要

本社
  • 住所
  • 〒111-0052 東京都台東区柳橋2-15-3 Y’s柳橋 202号室
  • 【総務・経理】
  • TEL 03-3862-1081
    FAX 03-3862-1086
営業本部
  • 住所
  • 〒342-0042 埼玉県吉川市中野338
  • 【営業・業務】
  • TEL 048-983-3883(営業)
    TEL 048-983-3881 (業務)
    FAX 048-983-3884(営業)
    FAX 048-983-1675(業務)
野田工場
  • 住所
  • 〒270-0237 千葉県野田市中里222
  • 【製造部・技術部】
  • TEL 04-7129-3121
    FAX 04-7129-3123
社名 アイレジン株式会社 (旧社名:吉川塗料株式会社、小松合成樹脂株式会社)
資本金 2,000万円
創業 大正7年(1918年)3月
設立 昭和21年(1946年)11月
役員 代表取締役社長 吉川浩一郎
取締役 吉川多紀
監査役 吉川幸太郎
従業員数 37名
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 浅草橋支店
みずほ銀行 浅草橋支店
千葉銀行 川間支店
北陸銀行 浅草支店
福井銀行 東京支店
主要仕入先(50音順 敬称略) (株)ADEKA
エスケー化研(株)
大塚刷毛製造(株)
カシュー(株)
川口薬品工業(株)
協栄ケミカル(株)
玄々化学工業(株)
昭和電工(株)
大日本塗料(株)
中国塗料(株)
東京ペイント(株)
日本ペイント(株)
三木産業(株)
(株)UPGホールディングス

〒342-0042 埼玉県吉川市中野338
【営業】 TEL 048-983-3880 FAX 048-983-3884 TEL 048-983-3883
【業務】 TEL 048-983-3881 FAX 048-983-1675